まぐまぐ

メルマガをまぐまぐで発行申請する際の注意点

メルマガをまぐまぐで発行申請する際に、
いろいろな項目に関して入力する必要があります。

そのなかでも申請項目には、
後から変更が簡単にできるものと、
変更できるが簡単にはできないものがあります。

マルマガの発行申請するときに、
軽い気持ちで考えて申請し、
後から苦労しないようにしましょう。

それでは申請項目をそれぞれ解説していきます。

■メルマガタイトル
全角50文字/半角100文字以内。
後日変更可能ですが、審査があります。
よく考えてタイトルをつけましょう。

■大カテゴリ
後日変更可能ですが、審査があります。
よく考えて大カテゴリを選択しましょう。

■中カテゴリ
後日変更可能なので、
気軽な気持ちで選択してOKです。

■小カテゴリ
後日変更可能なので、
気軽な気持ちで選択してOKです。

■表示形式
テキスト形式、HTML形式、絵文字つきとありますが、
迷ったら、テキスト形式がオススメです。
また、後日変更可能ですが、変更することはオススメしません。

■対応機器
PC向け、携帯向け、PC・携帯向けとありますが、
オススメはPC・携帯向けです。
また、変更パターンによって、変更不可能だったり、
変更可能だったり、審査があったりなかったりします。

■メルマガ説明文
250文字以内で、URLやメールアドレスは記入できません。
後日変更可能です。

■バックナンバー公開設定
全て公開、最新号のみ公開、第1号のみ公開
のなかから1つ選びます。
後日変更可能です。

■差出人名
メルマガ配送時の送信者名になります。
後日変更可能です。

■発行者WebページURL
後日変更可能です。

■発行元メールアドレス(必須)
後日変更可能です。

■テスト配送先メールアドレス
後日変更可能です。

■発行周期
いろんな発行周期がありますが、
後日変更可能です。

■サンプル号
メルマガ発行が承認されるかどうかは
このサンプル号の内容にかかっています。
気合をいれて書くことをオススメします。
1行 全角75文字、半角150文字までです。
機種依存文字の使用はできません。
また、内容に関しては、
後日変更可能ですが、審査があります。

特にサンプル号の内容は非常に重要ですが、
ネタがない、といった人にはメルマガを書く前に
メルマガの練習をすることをオススメします。

メルマガを出さずに簡単にメルマガの練習をする方法
を参考にしてくださいね。

メルマガをまぐまぐに頼らずに配信する方法前のページ

メルマガタイトルに関する2つの注意点次のページ

関連記事

  1. BtoB/企業/法人

    企業メルマガ、法人メルマガの配信システム選びの罠

    企業や法人としてメルマガを発行する、ということになると自社以外の広…

  2. メルマガ

    メルマガ読者の希望がわからない時は?

    メルマガを発行していると、読者はどんな人が多いのか?何を希望し…

  3. メルマガ

    メールマガジン: 4.3倍の人が写真やイラストよりもタイミングで購入

    インターネットを何らかの形でビジネスに活用している場合メールマガジ…

  4. メルマガ

    メルマガ読者増:インターネットを利用しない方法

    メルマガの読者を増やしたい気持ちはよくわかります。しかし、メル…

  5. メルマガ

    メルマガテンプレート、シンプルな全体構成案はコレ!

    メルマガテンプレートを考えた場合、シンプルな構成がオススメです。…

  6. メルマガ

    メルマガタイトルに関する2つの注意点

    メルマガのタイトルを考えるときに注意するべきポイントってわかります…

最近の記事

PAGE TOP