メルマガ

ダメな法人メルマガの特長

メルマガを発行しているのが、
個人か法人かで大きく雰囲気違いますよね。

まあ、発行者個人の色が強く出る個人メルマガと、
そうはいかない法人メルマガとでは
事情が違うということもあります。

しかし、それにしても、法人メルマガって
つまらないメルマガが多くないですか?

個人のメルマガには、ついつい読んでしまう
メルマガが結構あるにも関わらず、法人メルマガで
ついつい読んでしまうメルマガというのはほとんどありません。

これは何故でしょうか?

私が考えるに、

■法人メルマガはメインの記事があいまい

だからだと思います。

例えば個人メルマガの場合、メルマガで何かを宣伝するとしても
1つのメルマガでは1つの商品を宣伝するのが一般的です。

そして多くの個人メルマガでは、その1つの商品に関して、
1つのメルマガを使って詳しく解説します。

個人の場合、そんなに多くの商品を取り扱っていない、
という事情もあると思いますし、発行者がメルマガを出すほど
思い入れが強い商品だけを紹介する、という理由もあるかと思います。

しかし、法人の場合は違います。

そもそも法人の場合は、個人と違って、商品の種類が多くあります。
しかも、メルマガ発行者と各商品を宣伝したい人が違います。

結果として、多くの商品が、それぞれ均等に
ちょっとづつメルマガ上紹介され、
散漫な印象のメルマガになります。

せっかくメルマガを開いても、3行?5行づつ、それぞれの商品の紹介文が
ずらずらっと並ぶ状況になってしまいます。

これでは、どれが一番伝えたい内容かわかりませんし、
読みたいとも思えません。

法人メルマガであっても、イチオシの記事は
しっかりと読み応えのある分量でコッテリと説明すると
印象に残るメルマガになります。

もしあなたが法人メルマガを発行する場合には
参考にしてくださいね。

メルマガで信用される簡単な方法前のページ

メルマガの読者が簡単に増える、誰にでも無料でできるテクニック次のページ

関連記事

  1. メルマガ

    メルマガで主張する時に忘れてはいけないものは?

    メルマガで何か告知をしたい、宣伝をしたいっていう時ありますよね。…

  2. メルマガ

    メルマガを最後まで読んでもらうテクニック

    メルマガの反応率を上げるためには、メルマガをよく読んでもらう必要が…

  3. メルマガ

    メルマガ配信しました、とつぶやいてはいけません!

    ツイッター、流行してますね。それを後追いするように、Ame…

  4. まぐまぐ

    メルマガのバックナンバーを公開するべきか?

    メルマガを発行していると、過去のメルマガ、つまりバックナンバーを…

  5. まぐまぐ

    まぐまぐのジャンル選びに関する戦略

    まぐまぐでメルマガを出す場合に、どのジャンルにするのかを決める必要…

  6. メルマガ

    ソーシャルメディアとメルマガとの組み合わせ

    ツイッターやフェイスブックなど、ソーシャルメディアの人は、ソーシャ…

最近の記事

PAGE TOP