ブログカテゴリアーカイブ: 反応率

メルマガの反応を計測する時に考慮するべき点

特に企業が発行しているメルマガの話しです。

企業がメルマガ、発行しますよね。
ま、これは普通です。

見込客や既存客のフォローだったり、
新商品のお知らせだったり、
いろんな目的でメルマガを発行していると思います。

で、企業ですから、費用対効果が見たいですよね。
遊びじゃないんで。

メルマガってのは効果があるのか?
効果があるならどれくらい効果があるのか?
その効果は前より良くなってるのか悪くなってるのか?
目標はどれくらいなのか?
そのためにどんな施策を打っているのか?

とまあ、メルマガ一つとってもPDCAのサイクルというか、
カイゼンのサイクルをまわすわけです。

その際、どうしても必要なのが、数値、
特に読者数と反応率です。

何人読んでて、どれぐらいの人が反応したのか?

この数値が計測できないと、物事が
良くなってるのか、悪くなってるのかが
わかりませんからね。

ということで、企業におけるメルマガは
読者数と反応律を把握したくなるわけですが、
読者数は問題ないですよね。

まあ、大体、どんなメルマガの仕組みでも
読者数はわかるようになっています。

問題は、反応率。

どれぐらいの人が、メルマガを読んで
反応したのかを計測するのは
簡単じゃあありません。

その中でも簡単に計測するやり方で
bitlyのような短縮URLサービスを使う
というやり方があります。

メルマガに掲載するURLは全て短縮URLサービスで
短縮したURLにすれば、確かに計測できます。

でもね。

メルマガという企業の看板を背負ったメディアで
他社の無料のURL短縮サービス使ってるって
掲載するのはいかがなものでしょうかね。

おススメは、やはり自社のドメインで使える
反応率計測サービスですが、ちょっと難しい
ということであればもっと簡単な方法があります。

要は短縮URLサービスの簡易版を自社で使うってことです。

あるフォルダに計測したいURLに
リダイレクトするファイルを用意しておき
リダイレクト元ファイルへのアクセス数を
計測すれば計測できます。

こう書くと面倒なように思われるかもしれませんが、
結構簡単ですよ。ぜひ、一度試してみてくださいね。

2012年04月18日 | 固有リンク |

開封率、精読率を考えるとメルマガの形式はコレ

メルマガで、いくら読者数が増えても
開封率や精読率が低くては
お話になりません。

読者が1万人いても、
メールを開くのはその内100人で、
メールをキチンと読むのはさらにその内10人足らず。

これでは何の意味もありませんよね。

このように、メルマガの効果を考えると
読者数も重要ですが、開封率と精読率も
かなり重要です。

そして、このメルマガの開封率と精読率を考えると
もっとも確実なメルマガって何かわかりますか?

■開封率と精読率が高いメルマガは携帯メルマガ

です。

携帯のメールアドレス宛に届くメールというのは
プライベートなメールが多いので
大体の場合、メールを開いてくれることが多いです。

しかも、携帯の場合、パソコンと違って
肌身離さずに持ち歩いている場合が多いのです。

通勤・通学に電車を利用している方なら
お分かりかと思いますが、乗客の3割ぐらいは
携帯をいじってるんですよね。

このようにヒマなら携帯をいじる、という
傾向があるため、ヒマだから携帯メルマガを読む、
という行動が期待できるのです。

パソコン向けのメルマガの場合、ひまだから
普段読まないメルマガを読んでみようか、
と思われることはほとんどありません。

しかし携帯メルマガの場合は、
あり得るのです。

このように、メルマガを
開封率と精読率から考えると
携帯メルマガというのは
非常に強力な手段になります。

2011年08月31日 | 固有リンク |

メルマガの読者が簡単に増える、誰にでも無料でできるテクニック

メルマガを発行していれば、
やはり気になるのが読者の数です。

せっかく発行するからには、
多くの人に読んでもらいたいですよね。

メルマガの読者増の方法には、いろいろな方法があります。

簡単なものから、複雑なもの。
無料のものから、有料なもの。

たくさんあるメルマガ読者増テクニックのなかでも
今回は、誰にでも簡単に、無料でできるテクニックを
解説します。

その方法とは?

■メルマガの登録用ページをしっかりと作る

という方法です。

よくメルマガの登録フォームとして、
メールアドレスの入力フォームと登録ボタンだけが
ブログのサイドバーにソッと置いてあるのを見かけます。

しかし、これでは効果は限定的です。

これだけでなく、メルマガに登録するとどんなメリットがあるのか?
これを1ページ使ってしっかりと説明するページを用意します。

商品を説明し、販売する縦に長いホームページを
「セールスレター」といいます。

いうなれば、メルマガ用のセールスレターを用意する、
ということです。

「セールレターを用意するなんて、なんだか面倒だな」

そう思ったかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

画像や、派手な効果は必要ありません。

このメルマガを購読することによって得られるメリットを
キッチリと説明すれば、それでいいのです。

これなら、誰でも簡単にできますよね。

しかし、効果は確実です。

あなたもこの方法で、確実にメルマガ読者を増やしてくださいね。

2011年07月26日 | 固有リンク |

メルマガ読者の希望がわからない時は?

メルマガを発行していると、読者は
どんな人が多いのか?
何を希望している人が多いのか?
わからない時があります。

例えば、セミナーを企画していて
A案がいいのか、B案がいいのか。
平日開催がいいのか、休日開催がいいのか。
何を希望している人が多いのか、わからない時があります。

そんな時、アナタならどうやって
メルマガ読者の希望を正確に予測しますか?

自分の過去の経験から推測するのもいいでしょう。
調査結果を調べるのもいいでしょう。

しかし、わたしならもっと別のやり方をとります。
しかもこのやり方であれば、ちょっと手間はかかりますが
精度はバツグンです。

そのやり方とは?

■メルマガ読者に直接聞いてみる

ということです。

この答えを聞くと「なーんだ、そんなことか」
というが多いのですが、その割には使っている人が
少ないです。

アナタのメルマガ読者が何を考えてるかを
正確に予測するなんて無理ですよね?

ある程度の予測はできるかもしれませんが、
やっぱり聞いてみるのが一番です。

聞いてみるときのポイントとしては
回答しやすくすることが重要です。

例えば
「どんなセミナーを受講したいですか?」
よりも
「セミナーを受講するとして、
 A案とB案、どっちが受講したいですか?」
という質問の方が、回答しやすいですよね。

さらにメールを直接返信するよりも、
クリックするだけで答えられる形式の方が
回答しやすいですよね。

アナタも、メルマガ読者の希望がわからないときは
直接質問して、正確に理解してくださいね。

2011年02月25日 | 固有リンク |

メルマガ読者が反応しやすいメルマガの書き方とは?

メルマガの反応率を上げるには、
メルマガ読者の方に反応してもらわなくては
いけません。

当たり前ですよね。

しかし多くのメルマガ発行者は
読者の反応をしにくくしている傾向があります。

アナタのメルマガが反応率が悪いのであれば
まずこれを見直して見ることをオススメします。

では、どのようにすればメルマガ読者が
反応しやすいメルマガをかけるのでしょうか?

それは

■メルマガ読者が反応しやすいように
 最初はハードルが低い反応をお願いする

ということです。

例えば、アナタがメルマガで紹介している
商品やサービスに申し込んで欲しいとします。

多くのメルマガ発行者が、
いきなり紹介してしまいがちです。

これでは、メルマガ読者の反応率が低いままです。

そうではなく、最初のうちは、
もっと簡単な反応をお願いするのです。

例えば、
「今後のメルマガ運営のために、
 どのような情報に興味があるか教えてください」
といった、簡単なやりとりからはじめることをオススメします。

しかもできれば、漠然とした質問ではなく、
Yes/Noで答えられる2択の質問か、
AとBとCとDではどれですか?といった
答えやすい質問から始めることをオススメします。

「どんな内容に興味がありますか?」
よりも
「読者増に関して興味がありますか?」
もしくは
「アナタの興味があるのは、
 読者増、反応率改善、無料レポート、ステップメールのどれですか?」
といった質問の方が答えやすいですよね。

アナタもこれで、メルマガ読者の反応率をあげてくださいね。

2010年12月09日 | 固有リンク |

メルマガ読者から変なメールをもらわないようにするためには

メルマガを発行していると、
たまに変なメールをもらうことがあります。

変なメールといっても、
スパムや広告だらけのメールは
無視するだけです。

変なメールをもらって困るのは、
メルマガ読者から、なんだかなー、と
思うようなメールをもらうときです。

読者が何百人、何千人、何万人と増えるにしたがって、
変なメールをもらうことが増えてきます。

件名ナシ、宛名ナシ、名乗りナシ、自己紹介ナシで
「XXXに関して教えてください」
とか、困りますよね。

しかし、メルマガ読者から
このような変なメールをもらわないようにする
コツというものがあります。

では、その方法とは?

■メールを送る際のマナーに関してキチンと説明しておく

一般的に、メルマガ発行者にメールを出す、
なんてよくあることではないので、
メルマガ読者もどんな風にメールを書いていいのか
わからない場合が多いんです。

ですから、メルマガ読者に対して、
メールを出す際には、こういう風にメールしてくださいね、
とキチンと説明しておくことが重要です。

アナタもコレで、メルマガ読者から
変なメールをもらわないようにしてくださいね。

2010年11月23日 | 固有リンク |

ブログとメルマガ、どっちが強い?

ブログとメルマガ、どっちが有効だと思いますか?

反応率を考えたら、
いまどきメルマガなんて、はやらないでしょ、
いまならやっぱりブログだよ、とか。

いやいや、ブログはもう古い、
これからはtwitterだ、とか。

そんな話を、そこかしこで聞きます。

しかし、よく考えてみてください。

ブログやtwitterを日常的に読んでる人って
どれぐらいいると思いますか?

実は、検索エンジンさえ
使わない人のほうが多いんですよ。

どういうことかというと、
ネットでなにしていいのかわからない、
ということなのです。

パソコンを立ち上げて、ネットにつなげても、
インターネットでなにを見ていいのか、
さっぱりわからないし、そもそも興味がないんだそうです。

なにかを探すとか、購入しようとしている時には、
検索エンジンで探すみたいですが、
それ以外ではネットでなにかすること自体に
興味がないという意見をよく聞きます。

そんな人でも、パソコンに電源を入れたら、
インターネットは立ち上げなくても、
メールは立ち上げるんです。

というよりも、一般の人にとっては、
インターネットは、ネットで面白そうな情報を探すものではなく、
メールを使うためのものなんですよね。

いっときますけど、
日常的に、ブログをチェックするなんて、
かなりの少数派ですからね。

こういった、一般のユーザーの視点からすると、
まだまだメルマガは有力です。

アナタもメルマガを発行するときに、
このような一般のユーザーの視点も考慮して
反応率を高めてくださいね。

2010年01月14日 | 固有リンク |

読者からメールをもらったら

メルマガを運営していると、
読者からメールをもらうことがあるかと思います。

意見、感想、質問など、
内容は様々ですが、メルマガを発行していて
読者からメールをもらうことはうれしいです。

自分が書いたメルマガがキチンと読まれていて、
それに応えてくれる人がいるんだなー、と
ジーンとします。

さて、そんな風にメルマガの読者から
メールをもらったときに、
気をつけるべき点がありますが、
アナタは知っていますか?

これを知らずにいると、
せっかくメールをくれたメルマガ読者も
ガッカリしてしまいます。

では、気をつけるべき点とは?

■返事は早めに出す、できれば24時間以内に

というのも、人は自分が出した
メールに対して返事がないと、
キチンと届いているのか?読まれているのか?無視されているのか?
非常に不安になります。

ですから、返事はなるべく
早めに出すことが望ましいのです。

アナタも、自分がメールを
出すほうの立場だったら、わかりますよね?

メールを出したのに、返信がこないと、
やきもきすると思います。

しかし、メールの内容によっては、
すぐに返事が出せない場合もあるかと思います。

込み入った内容の質問や相談などの場合は、
返答するほうとしても、キチンと考えてから
回答したいと思います。

でも、そんなときでも、返答はすぐしたい。

では、そんな時はどうするべきか?

■まずは一報を入れ、詳細は別途メールする

まずは、メールをくれたことに対するお礼とともに、
内容を確認して今回答を準備しているので、
ちょっと待ってくださいね、という旨をメールするのです。

これで、メールは早く返しつつも、
キチンとした内容のメールを返答できます。

メールをくれたメルマガ読者も
満足度が高まります。

これで、アナタも、メルマガの読者から
メールをもらったときの対応に気をつけて
満足度を上げてくださいね。

2010年01月06日 | 固有リンク |

メルマガの反応率を上げる、簡単な書き方

アナタのメルマガではどれぐらいの読者が
反応してくれますか?

せっかく書いたメルマガであれば、
キチンと反応して欲しいですよね?

特にある商品、サービスを紹介する時など、
解説ページや申し込みページのリンクを
クリックして欲しいですよね。

今回は、ものすごく簡単なことなのに、
3倍以上クリック率が上がる書き方を
解説します。

その書き方とは?

■リンク先を1つに絞る

多くのメルマガ発行者が、自分のメルマガで
様々なものを紹介しています。

そのため、メルマガではいたるところに
リンクが記載されています。

これだけいっぱいリンク先があったら、
読者はどれをリンクしていいか
わからなくなってしまいますよね。

普段のメルマガであれば、
リンクがたくさんあってもいいですが、
ここぞというときはリンクをできるだけ少なくしましょう。

クリックして欲しい1つのリンクしかない、
というのが理想的です。

アナタも、メルマガのなかのリンク先を減らして
メルマガの反応率を上げてくださいね。

2009年11月05日 | 固有リンク |

メルマガを配信するタイミング

メルマガを配信するタイミングって考えてますか?
もしかして、書きあがったら、即送信していませんか?

メルマガというのは、読まれやすいタイミング、
つまり反応率が高いタイミング、というものがあります。

書きあがったら、即送信ではなく、
読まれるやすいタイミングで送信しましょう。

では、そのメルマガが読まれやすいタイミングとは?

■読者がよくメールを見る時間帯

ということです。

例えば、ビジネスマンやOL向けに、
趣味の情報を提供するメルマガの場合は
平日であれば夜、もしくは休日がいいでしょう。

しかし、オフィスでの仕事に関するメルマガであれば、
平日の9時から5時に配信するべきです。

というように、メルマガの読者層によって、
メルマガを配信するのにいいタイミングが
違ってきますので注意してください。

それでは、これでアナタも
タイミングを計ってメルマガを配信してくださいね。

2009年10月29日 | 固有リンク |

 

以前の記事 >

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください