ブログカテゴリアーカイブ: まぐまぐ

メルマガの構成で一番重要な点

メルマガをいざ書こうとした場合
どんな風に書いていいのか、
悩みませんか?

特にまぐまぐの場合、発行申請時に
サンプルの提出を求められます。

もしかして、
普段のメールとは違う、なるべくメルマガっぽい体裁でかかきゃ!
と思っていませんか?

たしかに、
ヘッダー、挨拶、本文、フッター
ぐらいの情報は必要ですが、
体裁そのものは重要ではありません。

実際、私がまぐまぐの発行申請で通ったサンプルを見てください。

メルマガマスターメルマガのサンプル誌

ね、必要な項目は記載されていますが、
おどろくほどシンプルでしょ?

メルマガでよくある、区切り線や、装飾など
ほとんどありません。

このような体裁でも発行申請実が通っているのは、
実はメルマガの構成で一番重要なのは、
体裁ではないからなんです。

ではメルマガの構成で一番重要な点とはなにか?

■メルマガの構成で一番重要なものは内容

いくら外見はメルマガっぽくても、
中身がなければ意味がありません。

というか一歩間違えると迷惑メール扱いされてしまいます。

読者の方が、アナタのメルマガに
なにを期待しているのかを考えれば
すぐわかりますよね。

見た目の美しさよりも、役に立つ情報を求めているのです。

これでアナタもメルマガの内容を充実させて、
読者の役に立つメルマガを発行してくださいね。

2009年09月19日 | 固有リンク |

まぐまぐの発行者WebページURLとは?

まぐまぐでメルマガ発行申請する際に
発行者WebページURL
という項目があります。

この項目は、後でも簡単に修正できるので、
発行申請の時には空白でもいいかと思います。

ただ、実際にメルマガを発行し始めてからも
この項目を空白にしておくのは、非常にもったいないです。

というのも、まぐまぐで用意してくれる、
アナタのメルマガの個別紹介ページから
この発行者WebページURLへはリンクされるからです。

つまり、アナタのメルマガの個別紹介ページから
アナタのホームページやブログへのリンクをクリックされ
訪問される可能性があるということです。

もし、今なにもしていないのであれば、
このクリックは非常にもったいないです。

ブログでも用意して、
発行者WebページURLに入力することをオススメします。

つまり、

■まぐまぐの発行者WebページURLは使わにゃソン!

ということです。

アナタも、まぐまぐの発行者WebページURLを
有効に活用してくださいね。

2009年09月09日 | 固有リンク |

まぐまぐで代理登録する際の注意点

メルマガの読者増を考えると
代理登録は非常に有効な方法です。

しかし、代理登録を安易に行うと
トラブルの元となります。
特に、まぐまぐで代理登録をしようとすると
細心の注意が必要です。

最悪、まぐまぐから発行停止されます。

では、なにに注意するべきか?

■メルマガ代理登録を了承してもらい
メールアドレスを集める

当たり前といえば、当たり前ですが、
これを守らない人が結構います。

誰しも、自分のメールアドレスに、
見覚えがないメルマガが配信されたら嫌ですよね。

そうならないように、
メールアドレスを提供してもらう際には、
ご連絡いただいたメールアドレスを
メルマガに代理登録させていただきます、
としっかり告知しましょう。

そうやって集めたメールアドレスですが、
実際に代理登録する際にも注意が必要です。

というのも

■まぐまぐで代理登録するには申請が必要

まぐまぐでは、代理登録用の機能が用意されており、
代理登録する際にはその機能以外では登録しては
いけないことになっています。

そして、代理登録用の機能というのは、
最初から利用できるわけではなく
まぐまぐに申請して、承認されて、
はじめて利用できるようになります。

つまり、まぐまぐで代理登録するなら、
まぐまぐから代理登録の承認されてから、
ということです。

ちなみに、まぐまぐの代理登録は
申請だけで、25,200円。
これに、利用料として、
月額、6,090円かかります。

ですから、いきなり代理登録機能を利用するのではなく、
ある程度メルマガの運営になれてから利用することを
オススメします。

アナタもまぐまぐで代理登録する際の注意点に
気をつけてくださいね。

2009年08月28日 | 固有リンク |

まぐまぐメルマガ対応機器で選ぶのは?

まぐまぐメルマガでは、対応機器として、
・PC向け
・携帯向け
・PC・携帯向け
の3つがあります。

発行申請のときに、どれにするか悩みませんでしたか?

私のオススメは、

■メルマガの対応機器はPC・携帯向け

というのも、読者の方が読みたいと思うメールアドレスが、
パソコンのメールアドレスなのか、
携帯のメールアドレスなのか、というのは
わからないからです。

であれば、どちらでも
対応できるようにしたおいたほうがいいですよね。

アナタも、まぐまぐメルマガの対応機器で迷ったら、
PC・携帯向けがオススメです。

2009年06月16日 | 固有リンク |

メルマガ表示形式:テキスト?HTML?絵文字?

アナタのメルマガの表示形式は
テキスト形式?HTML形式?絵文字形式?

まぐまぐの発行申請のときにも、
どれかを選択しないといけないので、
迷いませんでしたか?

もし、アナタが今、迷っていいるならば、

■メルマガの表示形式はテキスト形式がオススメ

というのも、テキスト形式ならば、
一番問題が起こりにくいからです。

ほかの形式だと、やれ画像が表示されない、とか
迷惑フォルダに紛れ込んでしまう、とか
文字化けする、とか、問題が起こりやすいです。

その点、シンプルなテキスト形式であれば
このような問題はそうそう起こりません。

アナタも、メルマガの表示形式で迷ったら、
シンプルなテキスト形式を選択して、
無用なトラブル無しでメルマガを運営してくださいね。

2009年05月25日 | 固有リンク |

まぐまぐメルマガの差出人名が与える影響範囲

まぐまぐでメルマガを出そうとして発行申請する際に、
差出人名、というものを聞かれます。

この差出人名がどんな影響を発生するのか、
キチンと考えて差出人名をつけていますか?

この差出人名のつけた方ひとつで、
せっかく送ったアナタのメルマガが
読まれずにゴミ箱行きになる可能性が高くなる、
というのを知っていますか?

そうならないためにも、まぐまぐメルマガの差出人名が
どんな影響範囲を及ぼすかを考えてつけましょう。

では、具体的に差出人名はなにに影響するのでしょうか?

■まぐまぐではメールの差出人名に表示されます

当たり前といえば当たり前ですが、
よく考えてみてください。

メールの差出人名に表示される、ということは
メールを開封する前に差出人名が表示される、ということです。

そのときに、アナタが送ったメルマガである、と
一発でわかるような名前を表示すれば、
開封率が高まります。

あのメルマガの差出人名はあれだったな、と
アナタの送ったメルマガであることをわかりやすくするためにも
差出人名は覚えやすく、忘れにくいものを選ぶことをオススメします。

通常差出人名には、本名を公開できない人はニックネーク、
公開できる人は名前を記入していると思います。

しかしこれだけでは平凡ですので、
肩書きを追加する方法があります。

たとえば、肩書きを「メルマガマスター」とした場合、
本名の「山田」とくっつけて、差出人名を
「メルマガマスター山田」とする方法です。

これで、ぐっと覚えやすく、忘れにくい名前になります。

アナタも、まぐまぐメルマガの差出人名が与える影響範囲を
キチンと理解して差出人名をつけて、開封率を上げてくださいね。

2009年04月14日 | 固有リンク |

まぐまぐのジャンル選びに関する戦略

まぐまぐでメルマガを出す場合に、
どのジャンルにするのかを決める必要があります。

どのジャンルを選ぶか、よく考えましたか?

まぐまぐでは、一度決めた大ジャンルは
簡単には変更できません。
よくよく考えて、メルマガのジャンルを決めてください。

どんな風に決めたらいいか、わからないというアナタへ。
メルマガのジャンル選びに関する戦略を解説します。

■ライバルが少ないジャンルを選ぶ戦略

まぐまぐでは、大カテゴリ毎に
読者数のランキングを発表しています。
http://www.mag2.com/ranking/

将来、まぐまぐXXXカテゴリで読者数第一位!といった
ブランディングを考えているならば、
大カテゴリを選ぶ際には、ライバルが少ないジャンルを選ぶべきです。

■読者数が多いジャンルを選ぶ戦略

アナタがメルマガをブランディングよりも、
読者を増やすことを重視するならば、
読者数が多いジャンルを選ぶことをオススメします。

というのも、読者が多いということは、
アナタのメルマガを読んでくれる可能性がある人も多い、
ということなのです。

読者がいなそうなジャンルでは、
XXXカテゴリで読者数第一位!といったことが
いいやすい反面、読者が増えにくい欠点があります。

読者を増やすために、
あえて競争が激しいジャンルを選ぶ、
という戦略もオススメです。

アナタもまぐまぐのジャンル選びに関する戦略を
キチンと理解して、目的に沿ったジャンルを選んでくださいね。

2009年03月30日 | 固有リンク |

メルマガをまぐまぐで発行申請する際の注意点

メルマガをまぐまぐで発行申請する際に、
いろいろな項目に関して入力する必要があります。

そのなかでも申請項目には、
後から変更が簡単にできるものと、
変更できるが簡単にはできないものがあります。

マルマガの発行申請するときに、
軽い気持ちで考えて申請し、
後から苦労しないようにしましょう。

それでは申請項目をそれぞれ解説していきます。

■メルマガタイトル
全角50文字/半角100文字以内。
後日変更可能ですが、審査があります。
よく考えてタイトルをつけましょう。

■大カテゴリ
後日変更可能ですが、審査があります。
よく考えて大カテゴリを選択しましょう。

■中カテゴリ
後日変更可能なので、
気軽な気持ちで選択してOKです。

■小カテゴリ
後日変更可能なので、
気軽な気持ちで選択してOKです。

■表示形式
テキスト形式、HTML形式、絵文字つきとありますが、
迷ったら、テキスト形式がオススメです。
また、後日変更可能ですが、変更することはオススメしません。

■対応機器
PC向け、携帯向け、PC・携帯向けとありますが、
オススメはPC・携帯向けです。
また、変更パターンによって、変更不可能だったり、
変更可能だったり、審査があったりなかったりします。

■メルマガ説明文
250文字以内で、URLやメールアドレスは記入できません。
後日変更可能です。

■バックナンバー公開設定
全て公開、最新号のみ公開、第1号のみ公開
のなかから1つ選びます。
後日変更可能です。

■差出人名
メルマガ配送時の送信者名になります。
後日変更可能です。

■発行者WebページURL
後日変更可能です。

■発行元メールアドレス(必須)
後日変更可能です。

■テスト配送先メールアドレス
後日変更可能です。

■発行周期
いろんな発行周期がありますが、
後日変更可能です。

■サンプル号
メルマガ発行が承認されるかどうかは
このサンプル号の内容にかかっています。
気合をいれて書くことをオススメします。
1行 全角75文字、半角150文字までです。
機種依存文字の使用はできません。
また、内容に関しては、
後日変更可能ですが、審査があります。

特にサンプル号の内容は非常に重要ですが、
ネタがない、といった人にはメルマガを書く前に
メルマガの練習をすることをオススメします。

メルマガを出さずに簡単にメルマガの練習をする方法
を参考にしてくださいね。

2009年02月02日 | 固有リンク |

メルマガをまぐまぐに頼らずに配信する方法

メルマガをはじめる上では、
まぐまぐをオススメします。

なぜなら、無料で利用でき、
初心者にも使いやすく、
長い間運営しているだけあって、
安定があり安心して利用できます。

このように、たくさんのメリットがあるまぐまぐですが、
実はデメリットも存在します。

・読者の方の苗字などを利用したメールが配信できない

・読者の方のメールアドレスがわからないため、
 まぐまぐ以外の他の方法で連絡ができない。

・万が一、まぐまぐがなくなったら、まったく配信できなくなる

ということで、まぐまぐだけに頼り切った運用は、
万が一を考えると心もとないです。

では、どのようにすればいいのか?

■メルマガを独自配信する

もし万が一まぐまぐがなくなっても、
もし万が一まぐまぐから配信停止処置をうけても、
あせらないようにしたいですよね。

そのために、ある程度メルマガに慣れたら、
独自配信も検討しておくことをオススメします。

これで、アナタも、
いざというときに備えておいてくださいね。

2009年01月31日 | 固有リンク |

 

< 新しい記事

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください