メルマガの反応を計測する時に考慮するべき点

特に企業が発行しているメルマガの話しです。

企業がメルマガ、発行しますよね。
ま、これは普通です。

見込客や既存客のフォローだったり、
新商品のお知らせだったり、
いろんな目的でメルマガを発行していると思います。

で、企業ですから、費用対効果が見たいですよね。
遊びじゃないんで。

メルマガってのは効果があるのか?
効果があるならどれくらい効果があるのか?
その効果は前より良くなってるのか悪くなってるのか?
目標はどれくらいなのか?
そのためにどんな施策を打っているのか?

とまあ、メルマガ一つとってもPDCAのサイクルというか、
カイゼンのサイクルをまわすわけです。

その際、どうしても必要なのが、数値、
特に読者数と反応率です。

何人読んでて、どれぐらいの人が反応したのか?

この数値が計測できないと、物事が
良くなってるのか、悪くなってるのかが
わかりませんからね。

ということで、企業におけるメルマガは
読者数と反応律を把握したくなるわけですが、
読者数は問題ないですよね。

まあ、大体、どんなメルマガの仕組みでも
読者数はわかるようになっています。

問題は、反応率。

どれぐらいの人が、メルマガを読んで
反応したのかを計測するのは
簡単じゃあありません。

その中でも簡単に計測するやり方で
bitlyのような短縮URLサービスを使う
というやり方があります。

メルマガに掲載するURLは全て短縮URLサービスで
短縮したURLにすれば、確かに計測できます。

でもね。

メルマガという企業の看板を背負ったメディアで
他社の無料のURL短縮サービス使ってるって
掲載するのはいかがなものでしょうかね。

おススメは、やはり自社のドメインで使える
反応率計測サービスですが、ちょっと難しい
ということであればもっと簡単な方法があります。

要は短縮URLサービスの簡易版を自社で使うってことです。

あるフォルダに計測したいURLに
リダイレクトするファイルを用意しておき
リダイレクト元ファイルへのアクセス数を
計測すれば計測できます。

こう書くと面倒なように思われるかもしれませんが、
結構簡単ですよ。ぜひ、一度試してみてくださいね。


【関連記事】


twitterへRTする | 2012年4月18日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー: メルマガ 反応率 タグ: , ,

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

前後の記事

→ メルマガの反応を計測する時に考慮するべき点 ←

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください